生前整理と老前整理の違いは?どんなメリットがあるのかを解説!

生前整理と老前整理

最近では、遺品の整理以外にも、生前整理と老前整理といったものがあります。

どちらもマイナスに捉えられがちですが、むしろプラスに働くことが多く、気持ちの整理だけでなく遺族への負担を減らす役割があります。

とはいえ、生前整理と老前整理のことが良く分からないという方が多いと思うので、本ページでは詳しく解説していきたいと思います。

生前整理とは

生前整理とは生きている間に自分のものを整理して、遺族の負担を減らしたりトラブルにならないように遺品整理や遺言書の作成などを行うことです。

親族がなくなった場合、通常は配偶者やご子息などが遺品を整理したり財産の分与を行います。

遺品整理は手続きや不用品の処分などに手間と時間がかかりますのでご遺族に大きな負担をかけてしまうことも多々あります。

また、遺品に対して遺言状などがないと何を処分していいのかわからず不安や悩みをかかえながら遺品整理をしている方もいらっしゃいます。

生きている間に死後のことを整理することに悲観的な考え方だと思う方もいらっしゃいますが、昨今では生前に財産分与や葬儀などを行う方も増えているので一般的なことになってきています。

生前整理と遺品整理の違いは遺品ではなく、自分自身のものを整理する事です。不必要になってしまったものを生前に整理しておき遺族への負担を減らすのが目的になります。

自身がのどうしても残しておきたいものを分別して、他界したあとに遺族に託すという意味でも生前整理は重要な役割をもちます。

生前整理をするタイミングは人それぞれによって違いますが、子供たちが大きくなって家を売却して老人ホームに入居したり、小さな家に引っ越しする時などが多いです。

身の回りの物を分別していらないものを処分しておけば住居の移動も楽になります。

生前整理のメリット

生前整理は生きているうちに自分のものを自分で整理できることが大きなメリットです。

自分の趣味のものや、衣類や装飾品、書籍、アルバム、写真、トロフィーや賞状など価値が自分にしかわからないものは他の人には価値はわかりづらいものです。

生前のうちに処分できるものはしておくことで他界した後、遺族が処分しづらいものも少なくなり負担も減ります。

家電や家具などは使えるものは売却、使えないものは処分と明確にしやすいので遺品整理としての分別はしやすいものになります。

しかし、大型の家具家電は処分するのに手間もかかるので少なくしておいたほうがいいでしょう。

生前整理の優先順位は思い入れが深く自分にしか価値がわからづらいものから手を付けていくことがポイントです。

生前整理では売却も検討

車両や家なども生前のうちに名義変更や、売却をしておくことで遺族への負担を減らすことができます。

名義変更や売却は名義人である本人が立ち合いのもと整理することでスムーズに行えるものが多くあります。

亡くなった後に遺族が手続きをする場合は必要書類が多くなったり、手続きの方法がわからないなどとトラブルにもなりかねません。

家の権利の譲渡などの場合は専門の法律家の手配が必要になることもありますので事前に相談しておいたほうがいいでしょう。

老前整理とは

老前整理とは老後を迎える前に身の回りの物を分別して不必要なものを処分することです。

生前整理との違いや境界線は曖昧ではありますが、老前整理は他界した後に遺族への負担を減らすというよりは、自分の身の回りの物を断捨離して生活を快適にするという意味合いが強いです。

子供が家を出た後などには居住スペースも余ってしまい、不要なものも多く残ってしまったりします。

そういった余分なものを処分したり、時には維持費がかかる住居を売却して引っ越すなど大がかりな整理もします。

今後のことをしっかりと考えて過去のものと気持ちに整理をつけ新しい人生を快適に過ごすために老前整理は行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です